医療脱毛のメリットやデメリットを知りたい!~メニュー別に解説~

脱毛というとエステサロンで行われるサロン脱毛と、美容クリニックなどで行われる医療脱毛があります。

今回、美容クリニックで行われる医療脱毛について、主に行われるレーザー脱毛のお話やメニュー別の話題にも触れながらまとめて行きます。

レーザー脱毛って何?

冒頭でもお話しましたが、医療脱毛で行われる主な手段として、レーザー脱毛が挙げられます。

これはメラニン色素(黒い色)に反応する特殊なレーザーを使って行う脱毛方法で、このレーザーを皮膚に当てることで毛や毛根、それらの周辺にある組織にダメージを与えることによって脱毛を行う方法です。

1回の照射では表面的な脱毛にとどまるため、3回程度の照射で目に見えて脱毛の効果が感じられる脱毛で、エステなどで行われているエステ脱毛に比べて半分程度の期間で脱毛が完了します。

ただし、医師や看護師などの医療スタッフが手がけていたり、高価なレーザー照射装置を使用する関係上一回あたりの施術料金が高く、立地や施設によってはエステ脱毛の2倍以上の料金ということも珍しくありません。

ですが、早く効果を実感したい場合にはお勧めの脱毛方法です。

永久脱毛について知りたい!

永久脱毛は医療脱毛の得意分野です。レーザー照射により毛根に対して十分な熱量を与え、破壊することによってその部分の永久脱毛が達成されます。

ただし、誤解を招きやすいのですが、永久脱毛は決して永久につるつるというわけではなく、アメリカの厚生労働省的な機関であるFDAは「脱毛施術3回を行った6カ月後に67%(2/3)以上の毛が減っている」状態と定義しています。

つまり、半年程度半分以上毛が生えてこなければ、永久脱毛ということです。なので、永久脱毛といっても毛が生える可能性があります。

また、エステ脱毛では高出力のレーザー装置が使えないため、永久脱毛はできません。仮にできるといっている場合は医師法違反に問われる可能性があるのです。

VIO脱毛を医療脱毛で行うメリットやデメリット

デリケートな部分であるVIOの脱毛ですが、医療脱毛ではメリットとデメリットがあります。

メリットは比較的短期間で効果が実感できることです。デメリットは痛みです。レーザー脱毛は強いレーザーで脱毛を行うので、多少の痛みを伴います。

腕や脚などはそれほど気にならないのですが、デリケートな部分に照射すると強い痛みを伴います。

麻酔をかけて少ない痛みで行うこともできますが、多少身体に負担がかかるということを知った上で施術を受けると良いかもしれません。

全身脱毛を医療脱毛で行うメリットやデメリット

全身脱毛も医療脱毛を受けるメリットは十分あります。

レーザー脱毛は効果が出るのが早いので、時間が許せばかなり早い期間で全身脱毛を行うことができます。

また、仕上がりもきれいなことが多いので、短期間で満足のいく施術が受けられます。

デメリットとしてはコストと痛みです。施術料金が高いので、全身脱毛を行った場合かなりの金額がかかります。地方でも40万円以上、主要都市では100万円を超える場合も珍しくありません。

また、レーザー脱毛は痛みを伴うので、同時に行った場合痛みの処置があっても複数の箇所で痛みを覚えます。

ただ、短期間で確実に脱毛できるのは医療脱毛による全身脱毛の大きなメリットです。